たまプラ主婦の幸せブログ

土日もハッピーアワー!「COVOLBA(コボルバ)」たまプラーザ店

たまプラーザでリゾート気分

たまプラーザ駅前通り商店街にある「COVOLBA(コボルバ)」はオシャレなダイニングバー。アメリカンな雰囲気の店内には懐かしい洋楽が流れていて、たまプラーザにいながら海外気分が味わえちゃいます。そして11:00〜19:00がハッピーアワー!平日だけでなく土日もハッピーアワーなんて嬉しい限り♪ランチタイムやディナー前の「ちょっと一杯」にオススメです。

コボルバは「たまプラーザちょい呑みフェスティバル」の参加常連店で人気のお店!
関連記事:“5月30日&31日!たまプラーザちょい呑みフェスティバルのチケットについて”

たまプラーザ コボルバ

ビールも樽生スパークリングもALL300円!

生ビールはちょっとミニサイズですが「プレミアムモルツ」が300円!ハイボールは「超炭酸の角ハイボール」がジョッキで300円。ワインや樽生スパークリングワインも全て300円!「ちょっと一杯」では終わらず、結局いつも何杯も注文してしまいます。

たまプラーザ コボルバ

スイーツやノンアルコール(ソフトドリンク)も充実しているので、お酒の気分じゃないときも安心。「自家製ジンジャエール」は「辛い」ものと「辛くない」ものがあり、選んで注文ができます。こだわりのコーヒーや、はちみつティー、ゆずスカッシュなど、気になるメニューがいっぱいです。

たまプラーザ コボルバ

ソファ席でまったり幸せ時間

今日は、まずは生ビールとグレープフルーツジュースで乾杯♪ソファ席に座って、ゆっくりまったり幸せ時間のスタートです。晴れの日は店内に太陽の光が差しこみ、なんともステキな空間になっています。

たまプラーザ コボルバ

喉が渇いていたのであっという間に美味しく一杯をいただき、二杯目はスパークリングワインと辛めの自家製ジンジャエール。炭酸がシュワっとしっかり効いていて甘くないジンジャエールはスッキリとした大人の味。これからの暑い夏にはオススメのドリンクです。

たまプラーザ コボルバ

サイドメニューも充実

おつまみは最近ハマっている「2色オリーブ」と「枝豆のにんにく焦がし醤油炒め」。2色オリーブは可愛いグラスに入ってくるのでインスタ映えもします(ページ一番上の写真参照)。



にんにく風味の枝豆は夫の大好物。ガツンとしたガーリックの味と糸唐辛子の辛味が絶妙。お酒が進んでしまいます。太陽を浴びながらのアルコールは・・・最高!

たまプラーザ コボルバ

追加のおつまみは、にんにく続きになりますが「ガーリックシュリンプ」。パリッパリの食感がたまりません。パンチの効いた辛めのチリソースとの相性も抜群で一度食べ始めたら箸が止まらず、あっという間になくなります。

たまプラーザ コボルバ

今回初めて注文したカマンベールフライもまた「お気に入りメニュー」に追加決定。カリカリ衣の中には熱々のとろけるカマンベールチーズ。なんとクランベリーソースでいただくとのことで、はじめはドキドキしながら少しだけ付けて食べてみましたが、会う!!おつまみなのにスイーツにもなる感じで、新感覚。二口目からはたっぷりソースを付けて美味しくいただきました。

たまプラーザ コボルバ

さいごに

たまプラーザ周辺には美味しいお店がいっぱいありますが、土日もランチメニューがあって、しかもハッピーアワーでリーズナブルにお酒を飲めるお店は貴重。店長さんもとっても気さくな方でサービスも気持ちが良くて、居心地の良い「コボルバ」はオススメのお店の一つです。



ちなみにコボルバでは平日、手作りアクセサリーなどを作るワークショップイベントもよく実施しているので、いつか参加してみたいと思っています。

関連記事:“週末に昼から串かつ&ハイボール「串かつ田中 たまプラーザ店」”
関連記事:“たまプラーザで焼き鳥を食べる!駅から徒歩5分圏内、地元の人気店6選”
関連記事:“初参戦!!たまプラーザちょい呑みフェスティバル体験記!!”

■お店情報
店名:「COVOLBA(コボルバ) たまプラーザ店」
住所:横浜市青葉区美しが丘1-13-10 吉村ビル102
電話:045-511-8348
アクセス:たまプラーザ駅より徒歩5分
URL:http://www.kaneko-foodsdiv.com/location/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です