たまプラ主婦の幸せブログ

「青葉グリーンファーム」のお野菜で昔なつかしい八百屋の光景を思い出す

地元の自家製有機野菜をお手頃価格で

今朝は嵐でどうなるかと思いましたが・・・出かける頃には晴れてきて、たまプラーザ駅もスッキリとした青空が広がっていました。青空は本当に見ているだけで幸せ気分になります。

さて、先日の美しが丘公園での「軽トラ元気市」で購入したカブとのらぼう菜♪「青葉グリーンファーム」さんのお野菜でした。自家製有機野菜をご自分で育てて、「びっくりするくらいのお手頃価格」で提供してくださっているそうです。

確かに、カブもこんなにボリュームがあって200円!最近ハマっている「のらぼう菜」も180円と、びっくり価格。葉っぱもみずみずしくて、美味しそうでした!その他のトマトや大根もとっても美味しそうだったのですが、色々持ちきれず・・・次回にすることに。

「のらぼう菜」の使いみち

数週間前に、たまたまお友達からもらった「のらぼう菜」。それまで聞いたことも見たこともなく・・・料理の仕方がまったく分からず、クックパッドにお世話になりました。

そのときは、油揚げと一緒に和風だしでお浸しのようにして食べたのですが、すっごく美味しかったので、それ以来ハマっています。茎の部分の歯ごたえがしっかしりてて、アスパラのような食感で、癖はなく、甘みがあります。

青梗菜やほうれん草、アスパラといったお野菜の代替として、どんなお料理にも合う気がします。

今回は、家に鶏肉が余っていたので、「のらぼう菜とチキンの中華風ピリ辛炒め」にしてみました。食材を炒めて、中華シャンタンを入れ、胡椒と赤唐辛子で味を調整して終了!!超時短料理です(笑)

カブはスライサーでスライスして甘酢漬けにしました♪お酢200mlにお砂糖大さじ2くらいが目安です。カブの葉としめじでお味噌汁にして、副副菜はひじきの煮物。少々ヘルシー過ぎるメニューになってしまいましたが・・・新鮮な旬のお野菜を美味しくいただきました。ちなみに、のらぼう菜はβ-カロテンがとても豊富で栄養満点のようです!

そして夕飯のメニューはそのまま翌日のお弁当へスライド。じゃがいもとハムの塩胡椒炒めと、ソーセージやらブロッコリーとトマトで、隙間をうめて夫のお弁当は完成!

母に連れられて行っていた八百屋の思い出

最近はスーパーマーケットで買い物をしてしまうことが多いので、お野菜はどんなものでも基本的には1年中ありますし、恥ずかしながら旬がいつなのか分からなくなるときがあります。

今回のような手作り農家さんからの直売だと、作ってる方のお顔も見れて、お話も聞けて、「今一番美味しいもの」を購入できる感覚はやっぱり良いですね。

昔、母に連れられて行っていた八百屋での光景がなんだか思い出されます。天井(?)からゴムで吊り下がったザルの中にお釣り銭が入っていて、八百屋のおばさんがお釣りを取るたびにゴムが伸びていたあの時代。商店街のおじさんやおばさんはみんな知り合いで、笑顔がいっぱいだったあの時代。

いつの間にか八百屋も減って、スーパーで野菜を買うのが当たり前の世の中に・・・。今回の軽トラ元気市のような場を通して、旬の野菜の味を教えていただいただけでなく、昔なつかしい思い出を振り返らせてもらった気がして心が温まりました。来月の軽トラ元気市も今から楽しみです!

関連記事:“美しが丘公園で月一開催!たまプラーザ「軽トラ元気市」”

■関連サイト
青葉グリーンファーム http://www.keitora.info/shop_list/aoba_green_farm/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です