たまプラ主婦の幸せブログ

絶妙!「日本百貨店」たまプラーザテラス店の雑貨と食品の品揃えバランス

全て日本製!地域に合わせた店舗展開

たまプラーザ駅に直結しているたまプラーザテラス内にある「日本百貨店(にっぽんひゃっかてん)てらす」は日本全国のMade in Japanの上質な商品が並ぶお店です。「モノづくり職人の手による商品」がいっぱい。2010年に東京・上野御徒町にオープンした「日本百貨店」ですが、今では横浜の赤レンガ倉庫や東京駅など計7店舗ほどあるようです。(2017年6月現在)

店員さんから聞いたお話だと、各店舗品揃えが違うそうで、その土地(地域)にあった店舗展開をしているようです。例えば食品を多く販売している店舗や、雑貨を中心としたお店づくりの店舗、またイベントを多く開催する店舗など様々。

お土産にも最適!職人さんのこだわりの一品が並ぶ

そんな中、たまプラーザにある「日本百貨店てらす」の店内には食品と雑貨がちょうど半分づつ並んでいて店員さんも「バランスの良いお店だと思います!」とのこと。たしかにお店に入ると右側に食品や食器、箸などが左側に手ぬぐいやタオル、鞄などの雑貨が目に入ります。

有機JAS、特別栽培の安心安全なりんごが勢揃い

季節に合わせて変わるディスプレイは見ているだけでも日本の四季を感じられて、大好きなお店の一つです。先日は叔母の誕生日プレゼントに下記の今治タオルや肌触りの良いスカーフを購入しました。各商品には職人さんのこだわりや想いが感じられるよう説明書きがついているものも多いので、じっくり読んでいるとあっという間に時間が経ってしまいます。「日本製」はやっぱり良いですね。

可愛くラッピングもしてもらえます。外国人の友達にも「日本百貨店」のプレゼントはとても好評で、海外出張や友達の来日の際にもよく利用しています。

関連記事:“外国人にお勧めの「日本百貨店」でお買い物”

美味しいものもいっぱい

テレビで見た淡路島の玉ねぎを使用した「あわたまオニオンスープ」も日本百貨店てらすで発見してお気に入りです。その他、こだわりのつまったカレーや鍋のもと、アイスクリーム、お菓子などなど、あれもこれも欲しくなってしまってずっと見ていても飽きません。

「あわたまオニオンスープ」についてはこちらの記事もどうぞ♪
関連記事:“美味しい!「日本百貨店てらす」で買ったオニオンスープ”

さいごに

かわいい輸入雑貨も見ていて幸せ気分になりますが、Made in Japanの職人さんこだわりの一品はやっぱり違う!「本物」「いいもの」を目で見て手で触って、美味しく味わって、そんな時間を満喫できる日本百貨店。お店に入ると不思議と落ち着くこの感覚は「やっぱり日本人なんだなー」なんて思わせてもらえる時間になります。

〈その他のたまプラーザテラスに関する記事〉
関連記事:“たまプラーザWifiのつながるお勧めカフェ5選!”
関連記事:“3歳以下のお子様が無料で遊べる!たまプラーザテラスの「キッズテラス」”
関連記事:“子連れでランチ!たまプラーザ駅直結フードコート「テラスキッチン」”
関連記事:“充実!駅直結たまプラーザテラスの授乳室「ベビーテラス」”
関連記事:“たい焼き「銀のあん」&お酒の飲めるスタバ「ネイバーフッド&コーヒー」”

■お店情報
店名:「日本百貨店てらす」
住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-1-2
電話:045-530-0741
アクセス:たまプラーザ駅より徒歩1分
URL:http://nippon-dept.jp/store



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です