たまプラ主婦の幸せブログ

たまプラーザ「地域ケアプラザ」でボランティア!!

「地域ケアプラザ」ってどこにあるの?

仕事を辞めて何かボランティアをしたい!と思い、ネットで「たまプラーザ」「ボランティア」のキーワードを入れて検索すると「地域ケアプラザ」という名前が出てきました。「たまプラーザ駅南口から徒歩1分」って書いてあるけど、どこ?が、はじめの印象です。たまプラに引っ越してきて2年半くらい経ってましたが、視界に入ってきたことがありませんでした。



「思い立ったが吉日」で即行動の私なので、さっそく駅に行ってみると、有隣堂に横に隣のビルにつながる通路を発見。たしかに、タリーズや100円均一のセリアがあるこのエリア、とくに意識をすることもなく前にも来ていたところでした。こちらの建物には「リンクプラザ」という名称があるようで、地域ケアプラザはこの建物の4Fにありました!!ちなみにエレベーターで4Fにあがると、なんと目の前に保育園もあります!!こんなところに(笑)という感じです。

「地域ケアプラザ」は誰でも活用できる!

地域ケアプラザは基本的に誰でも利用できる施設です。施設内では色々なイベントや行われていたり、趣味のサークルの方が部屋を利用されていたりと、横浜市の中でもとても稼働率の良い施設だそうです。

壁にはケアプラザ主催のイベント告知もいっぱい!!月1ウォーキングや、身体を動かす運動イベント、ヨガ等も。無料イベントもたくさんありますし、無料のものも♪♪横浜市の施設なので、横浜市民としては活用できるものはしたいですよね。

ボランティア団体を立ち上げて

私たちは、ここでスタッフのみなさんと「ボランティアをやりたい人」と「お願いしたい人」をマッチングする団体「ぷらボラ」を立ち上げたため、今日もその打ち合わせに行ってきました。毎週のように打ち合わせやイベントのサポートをさせていただいているので、すっかりみんな仲良しで毎回楽しくやらせていただいています。



はじめは、なんとなく何かがやりたい・・・と思って受付に「何かボランティアを募集していませんか?」と聞きにいったのですが、まさかボランティアをの団体を立ち上げることになるとは、半年前の自分には想像もつきませんでした。人生、不思議なものです。

当時の副所長さんのお声がけで、たまたま私と同じ時期に「ボランティアをやりたいんですけど・・・」と問い合わせに来た5人が招集され、「ボランティアって何だろう?」という意見交換会をしたのがきっかけです。ボランティアといっても多岐にわたり、何からすべなのか?何をしたいのか?意見が止まらず出続けた日が懐かしいです。



あれもこれもやりたい気持ちはみんなありますが、「今できること」を一つ、一つ、それが私達の今の目標です。たまプラーザは世代を超えて、みんなで助け合えるまちづくりができる、そんな魅力のある街だと思っています。

関連記事:「人生の先輩方からボランティアを通して学ぶ3つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です